みんなの作品集

・メンバーのみなさんの作品です。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

お花屋さん (なみ)
2004/04/09

 お花やさんの中を、のぞきこんでいる女の子がいました。
ランドセルを背おっていて、学校からのかえり道のようです。
 女の子は、店の前を右へ行ったり左へ行ったりしていました。
「どうしたの? お花がほしいの?」
 お店の中から出てきた女の人が、聞きました。
女の子はびっくりした顔をして、そのままランドセルをがたごといわせて、
走って行ってしまいました。
声をかけた女の人は、せいこさんと言います。
せいこさんは、『フラワーショップいとう』の店員さんでした。
女の子が行ってしまうのを見たあと、店の中に入って行きました。
「私の顔を見て、行ってしまったの。この店に来る子どもって、みんなそうなのよね。」
 せいこさんは、困った顔をして言いました。店の中には、だれもいません。
店の中には、たくさんの花がありました。せいこさんは、花たちに話しかけていたのです。
 赤いきれいな花、白い小さな花、黄色のかわいい花、いろいろな花が
店の中いっぱいにあります。開けてあった入り口の外から吹いてきた風に、
ピンクのスイートピーがゆらりとゆれました。
「さっきの女の子? そうなの、昨日もお店の中をのぞいてたのよ。」
 せいこさんは、やさしくスイートピーに話しかけました。
スイートピーは、何も答えません。
「きっと、お花をさがしてるんだと思うわ。私に言ってくれると、いいんだけど。」
 ふうっと息をついて、せいこさんは言いました。スイートピーが、
また風にゆれました。

 次の日の朝、女の子がお店をのぞいています。昨日の女の子です。
せいこさんがまた声をかけました。
「お花がほしいのでしょう? 中に入ってお花を見てあげて。」
 女の子は、せいこさんを見るとあわてて行ってしまいました。
そのあとも、女の子は学校の帰りに、毎日お花やさんの中をのぞいていきます。
せいこさんは、女の子をそっと見ているだけにしていました。

雨の日の夕方のことです。女の子が店に来ると、店の中にはだれもいませんでした。
せいこさんは、店のおくで花かごを作っていたのです。
店の入り口は、あいていました。
 女の子は、だれか出てはこないかと、店のおくを見ながら中に入っていきました。
女の子は、きれいな赤い花、小さな白い花、ピンクのかわいい花、
たくさんの花たちの中にいました。
黄色の大きな花を見ると、ぱっと女の子の顔が明るくなりました。
うれしそうです。
 女の子は、はっと何かに気がついて、うしろを見ました。女の子のうしろには、
だれもいませんでした。そばにあったピンクのスイートピーが、
風にゆらりとゆれただけでした。女の子は、スイートピーをじっとみつめました。
 そして、そっと言いました。
「うん、ヒマワリがほしかったの。ありがとう。」

女の子が、黄色のヒマワリを一本手にしたとき、せいこさんが店のおくから出てきました。
「ヒマワリだったのね。」
「うん、おかあさんの大好きな花なの。今日、お母さんのたんじょう日なの。」
 女の子は、目をかがやかせて言いました。
せいこさんは、ヒマワリを受けとると、カスミソウとスイートピーをたばねて、
花たばを作りました。
「去年もたんじょう日に買いに来たんだけど、ヒマワリがなかったの。」
「だから、毎日見にきてたのね。」
 せいこさんは、そう言いながら花たばにピンクのリボンを、きゅっとむすびました。
女の子は、うれしそうにヒマワリの花たばをうけとると、ぽつりと言いました。
「お姉さんが、花と話しをしているから、みんながおかしいって言ってたけど。」
 女の子は、せいこさんをまっすぐ見ました。
「わたしね、お花が話すのを聞いたの。『ヒマワリがほしかったんだ。よかったね.』って、
このピンクの花が言ったの。ちゃんと聞こえたのよ。」
 せいこさんは、何も言わずにやさしく笑っていました。
女の子は、カサをさしてスキップしながら家へ帰っていきます。
スイートピーが、風にふわりとうれしそうにゆれました。

                        おしまい



どんべえのコタツ  (なみ)
2004/02/03

 わいの名まえは、どんべえ。
 白と黒のぶちねこだ。

 冬のあいだは、いつもコタツの中に入っている。
あたたかくて、ぬくぬくで、しあわせだ。でも、のびのびねていると、
じいさんの足が入ってきてけとばされる。
「ニャアッ!」
「お、すまんな。どんべえ。」
 じいさんは、いつもそう言う。しあわせにねているのを、おこされると気分がわるい。
じいさんの足に、かみついてやろうかと思うけど、がまんする。

 コタツに入っていてあつくなってくると、ふとんから顔を出す。ふう。
そうすると、じいさんはいつも絵をかいている。じいさんのかく絵は、すごいへたくそだ。
いつだったか、わいの絵をかいてくれた。それは、どう見てもウシにしか見えなかった。

「どんべえ、食べな。」
 じいさんは、わいにごはんをくれる。白いごはんに花かつおをかけた、ねこまんまだ。
いつもいつも、変わらない。ときどき、じいさんが食べたさかなのほねをくれたりする。
でも、たまには一匹まるまる食べてみたい。

 ある日、コタツふとんから顔を出すと、じいさんがねていた。いつもと、何かちがう。
絵をかくときに使う水入れがたおれて、ふとんが水びたしになっていた。
それでもじいさんは、ねている。なんだか、おかしい。わいは、じいさんをよんだ。
「ニャア! ニャア!」
 ありったけの声でよんだ。それでも、じいさんはおきない。わいは、ずっとないていた。
 もう声が出なくなりそうなとき、となりに住むばあさんがやってきた。
「うるさいよ、どんべえ。なんだってそうなくんだい?」
 ばあさんは、じいさんをみつけて、じいさんをよんだ。へんじがない。
ばあさんは、あわてて外へ出て行った。
 あとで、どかどかと白い服の人がやってきて、じいさんをはこんで行った。
わいは、コタツからそっと見ていた。

 しずかになった。あとで、となりのばあさんが来て、ごはんをくれた。
ねこまんまの上には、さかなが一匹のっかっていた。うまかった。

 ばあさんは、朝と夜に来て、ごはんをくれた。たまに、さかながのっていた。
ばあさんに、じいさんはどうしたのか、聞いてみたけどへんじはなかった。

 一日じゅう、コタツの中で丸くなってねていた。コタツは、まっくらでさむかった。
ねているわいを、けとばす人はいない。じいさんは、いつ帰ってくるんだろう?

 コタツの上には、かきかけのじいさんの絵があった。
じいさんが、自分のかおをかいた絵だった。ちっとも、にてなかった。
じいさんのかおは、もっとしわくちゃだ。
でも、じっと見てると、じいさんに見えてくるのはどうしてだろう。わいは、絵にむかってないた。
「ニャア」
 へんじは、なかった。

 たくさんの朝と夜が、すぎていった。
 ある日の朝、じいさんが帰ってきた。よろよろしているが、じいさんは、元気だった。
「どんべえ、食べな。」
 ねこまんまだった。コタツは、あたたかくなった。のびのびねていると、じいさんがわいをけとばす。
「ニャ!」
「お、すまんな。どんべえ。」
 じいさんが、ぞう言った。わいは、うれしかった。
               
                     おしまい  
                                 



どんぐり10個。・・・・・しまりすさんの作品
2002/02/18

1つめのどんぐり。ぽとり。
鳥がくわえて、飛んでった。

2つめのどんぐり。ぽとり。
フランス人の絵描きが森で
見つけてパイプに詰め帰る。

3つめのどんぐり。ぽとり。
猟師がタマと間違えて
銃につめて試しうち。ポン。

4つめのどんぐり。ぽとり。
自分はどこへ行くかと思ったら
ころころ転がり、池の中。チャポン。

5つめのどんぐり。ぽとり。
草の間に落ちたので
助かったと思えば虫の家。

6つめのどんぐり。ぽとり。
りすの赤ちゃん木のうろで
1つのお祝い、ケーキの上。

7つめのどんぐり。ぽとり。
うさぎの少年とび帰り
あの娘にあげるネックレス。

8つめのどんぐり。ぽとり。
たぬきの子供が頭に乗せ
クルッと回って、かわいい鬼の子。

9つめのどんぐり。ぽとり。
まんまるプクプクのどんぐりは
くまの婚約ゆびわです。

10個めのどんぐり。ぽとり。
どこに落ちたか分からない。
森のみんなも気づかない。
やがて芽をだし、どんぐり落とす。

ぽたぽとぽとり。




おやすみ扇風機。・・・・・しまりすさんの作品
2002/02/18

遠くのほうでかすかにセミの声がきこえる。
窓ぎわで扇風機がまわっている。
先ほどまで自分の前で涼んでいた子供はどこかに消え、消し忘れられた扇風機のカラコロと羽根がすれる音だけがしていた。
窓からスーッと秋の風が入り込んでくる。
扇風機はブルッと身震いすると、夏としばしのお別れが近づいているのを感じた。暑かったなあ。つらいこともあったなあ。
でも、幸せそうな顔をいっぱい見れたのは、嬉しかったなあ。
また来年見れるかなあ、あの笑顔・・・
外は小雨が降りだした。開いた窓から風が吹きこみ、雨粒が扇風機の顔にあたった。涙がこぼれた。
扇風機は力のかぎり回った!
もう目が回るんじゃないかと思うくらい・・・
「あらあら、こんな強風で扇風機つけっぱなしにして」
お母さんは扇風機のスイッチをオフにすると、ぞうきんを持ってきて濡れた体を拭いてくれた。あたたかかった。「また来ね!」
そう言ってお母さんは、えっちらおっちらと物置小屋へ僕をしまった。
地中では来年生まれてくるセミの幼虫が、冬ごもりの準備をしている。
ジジジジーーーー!!!!セミの目覚まし時計は来年にセットしたよ。
おやすみ、ビュンビュン。おやすみ、扇風機。




あさがおの結婚式・・・・・しまりすさんの作品
2002/02/18

あさがおの雄しべと雌しべが、日傘のようなやわらかいレースの
中で挙式をあげました。
仲人はみつばちでした。
汝(なんじ)はぶんぶん。
朝日を浴びながら、花開かせることを誓いますか?ぶんぶん。
新婚旅行は、あの竹格子のてっぺん。
他のあさがお達もファンファーレで祝福します。
涼しくなってくる頃には、かわいらしい赤ちゃんが茶色の薄皮にくるまれて生まれてくることでしょう。 



小さな雷さま・・・・・ そらさんの作品
2002/02/18

※これは、雷をテーマにした童話のコンクールに出そうと思って書いたんだけど、出来がいまいちだったので、結局出さなかった作品です。


僕の名前は魅雷(みらい)。六歳。
おとうさんがなぜか雷好きで、この名前がついたそうだ。
だけど僕は雷なんて大っ嫌いだ。だって大きな音がしてすごく怖いんだもの。
今夜は特に雷と雨がひどくって全然眠れない。
僕はひとりぼっちの部屋で毛布にくるまって脅えている。
でも、脅えてるのは雷のせいだけじゃないんだ。
実は今日の夕方嫌なことがあったんだ。
ものすごく嫌なことだよ。
今日の夕ごはんはおとうさんとおかあさんと僕と三人みんなそろって食べたんだ。
いつもならわいわいおしゃべりしながら食べるのに、今日は誰も口をきかなかった。
だから僕もだまったままで、ごはんを黙々と食べてた。
するとおかあさんがふっと僕のほうを見て突然、こう、言ったんだ。
「魅雷は、おとうさんとおかあさんと、どっちが好き?」
僕は、びっくりして言った。どっちも好きだよって。
「もし、おとうさんとおかあさんが離れて暮らすとしたら、魅雷はどっちについていくの。」
「そ、そんなの選べないよ。僕はみんなで一緒に暮らしたいよ。
どうして離れて暮らさないといけないの。」
「おとうさんとおかあさんはね。お互いのことが嫌いになっちゃったの。」
そう、おかあさんは困った顔で言った。僕は猛スピードで部屋に戻って、声を殺して泣いた。
いやだよって、大声で叫んでから。
おとうさんはおかあさんのことが嫌いなんだ。
おかあさんもおとうさんのことが嫌いなんだ。
前は二人とも好き同士だったのに、今はもう嫌いになっちゃった。
・・・僕のことも嫌いになっちゃったかな。
僕は、おかあさんを嫌いなおとうさんも、おとうさんを嫌いなおかあさんも、雷も、嫌いだ。
大っ嫌いだ。
そう僕が小さな声で言ったとき、雷がピカッと光って思わず目を閉じたんだ。



次に目を開けると、そこは雲の上だった。
雲の上では当然雨なんて降ってなくって、眩しいくらいの月明かりの下では、大きな機械を使って赤や青や黄色の鬼たちが、何かを作ってた。
角が二本生えててキバがあったから、すぐに絵本で見た鬼だってわかったよ。
僕がびっくりしてぼーっとつっ立っていると一番大きな赤鬼が近づいて来た。
「わしは雷さまじゃ。ぼーずはどっからきたのじゃ?」
僕の何倍もある雷さまを見上げて、ちょっぴり怖かったけど
(ちょっぴりだよ)雲の下を指さして言ったんだ。
「あそこからだよ。」
「ほう。どうやら間違って紛れ込んでしまったらしいな。」
「ここはどこなの?」
「ここは雷を作る工場じゃ。今すぐに地上に帰してやるからな。」
僕はあわてて、
「嫌だよ。戻りたくないよ」
って言った。
「どうしてじゃ?」
雷さまはやさしく聞いてくれたから、僕はすっかり安心してちゃんと答えられた。
だって、おとうさんもおかあさんも大っ嫌いなんだもん。って。
雷さまはウンウンとうなずいて、
「そうか。それなら雷工場を案内してやろう。」
って言って、ドスドス歩き出した。
雷さまは雷工場をひととおりまわりながら、いろんなことを僕にお話ししてくれた。
僕は雷ってただ怖いだけのものだと思ってたんだけど、雷が怖いのにはちゃんとした訳があるんだって。
雷っていうのは、みんなの家にいる悪い鬼を光と音で驚かせて退治しちゃうんだ。
「でもみんなの家に鬼なんていないよ、僕見たことないもん。」
って僕が言うと雷さまはにっこり笑って、
「そりゃ見えんじゃろ。」
って言った。
僕たちの世界の鬼っていうのは、みんなの心の中に住んでるんだって。
たとえば僕が誰かのことを嫌いだって思ったら、その心が悪い鬼
なんだ。そして雷さまは僕の目をじいっと見て言った。
「誰かを嫌いだって思う心はな、それは世界一恐ろしいものなん
じゃ。
ぼーずの心にも、たくさん悪い鬼が住み着いてるようじゃな。」
「そうだよ。僕はおとうさんもおかあさんも大っ嫌いなんだもん。
僕の家には悪い鬼がいっぱいいるんだ。だから僕、もう家には帰りたくないんだ。」
僕がそう言うと雷さまは静かに雲のすきまを指さして、
「あそこを覗いてごらん。」
って言った。
僕はそうっと雲のすきまから顔を出してみた。
「魅雷はどこへ消えてしまったんだ。」
腕を組んで心配そうな顔をして部屋の中を歩き回ってるおとうさん。
「きっと、私たちが喧嘩なんてしてしまったから、あの子はどこかへ行ってしまったんだわ。」
泣きながら話すおかあさん。
「なあ、俺が悪かったよ。こんなことになるんなら、喧嘩なんてするんじゃなかった。」
「私のほうこそ悪かったわ。あなたのことを理解しようともしないで。
もし、魅雷が無事に戻ってきたら、私たちもう一度初めからやり直せないかしら。」
「そうだな、もう一度初めから・・・。」

「僕、家に帰るよ。」
僕は雷さまにそう言った。
雷さまはただ黙ってうなずいた。
雷さまはね、とっても優しい目をしていたんだよ。



次の日の朝ごはん。
おとうさんと、おかあさんと、僕と三人。
みんなニコニコ笑顔で、楽しいおしゃべりをしてる。
雨もすっかり上がって、外はぬけるような青空だ。
突然、遠くのほうで小さな雷の音がした。
「キャッ。怖い。」
おかあさんが首をすくめる。
僕はすぐに、おかあさんに教えてあげたよ。
雷はね、人の心のなかに住んでる悪い鬼を退治してくれてるんだ
よ。だからちっとも怖がることないんだよって。
「僕は大きくなったら雷さまになるんだ。」
そう僕が言うとおとうさんが、
「じゃあ、魅雷はうちの雷さまだな。おとうさんとおかあさんの心の中に住んでいた悪い鬼を退治してくれたもんな。」
って、笑って言った。
おかあさんはなんだか不思議そうな顔をしてたけど、おとうさんはちゃんと知ってるんだなって僕は思った。
よく見るとおとうさんの目は、あの雷さまの優しい目に、ちょっとだけ、似ていた。




こたつうさぎのための短い物語・・・・・ そらさんの作品
2002/02/18

※この文章は、18歳のときに書いたものです。こたつで眠るウサギを見ながら・・・。


こたつうさぎはね、空から降って来たんだよ。
嘘じゃないよ。これは本当の話。

僕の去年の5歳の誕生日。眠れなくって、星を見てたんだ。
とても寒い日だったから空気がすごく透明でね、星がたくさんキラキラしてたんだ。
空にこんなに星があるなんて僕はしらなくって、なんだかびっくりしちゃったんだ。
そのうちに宇宙がなんだかみょうちくりんになっていったんだ
よ。すごく変なんだ。
なんだかうまく言えないけど、空がずーっと広がっていって僕は吸い込まれそうになったんだよ。
すごく、すごくその夜の宇宙は大きくって、僕は泣き出しそうになっちゃったんだ。
胸がドッキンドッキンして、苦しかった。どうしてかわかんないんだけどね。
わけもなくせつない気持ちになったんだ。
それで僕はまばたきをしたんだ。
「ぱちっ」
ってね。
そのとき、こたつうさぎは降って来たんだ。空からひゅーんって。
そして僕の目の前で止まったんだ。空中でだよ?
こたつうさぎはくりくりっと澄んだ目で、僕のこと見ていたな。
「吐く息白い、冬が来るね。」
そう、僕にいった。
僕はね、笑って言ったんだ。
「おいで、一緒にくるまって眠ろう。」
その夜、僕とこたつうさぎはコタツでくるまって眠ったんだよ。
もちろん。

こたつうさぎはね、かわいい嘘をついたんだ。でも僕はしらんぷ
りしていたよ。
こたつうさぎは僕のことなんて本当は好きじゃなかったんだ。でも僕はそんなことはどうでもよくって。ただ、こたつうさぎを好きだったんだ。
こたつうさぎはね、僕のこと好きだよって言うんだ。みんなにもそう言うんだ。
こたつうさぎは本当は臆病だから、アイシテルって言うしかないんだ。
だから僕も涙を拭いてアイシテルって言ってあげたんだ。
こたつうさぎがそばにいるだけで僕はすごく幸せで、でも同じだけせつなかった。

こたつうさぎはね、まばたきしたら消えてた。
「ぱちんっ」
って。とつぜん。

こたつうさぎはね、家に帰っちゃったんだよ。きっと。

え?こたつうさぎは一体何なのかって?何だと思う?うさぎ?ちがうよ。
こたつうさぎはうさぎでも人間でもないんだよ。

天使さ。

今日は僕の6回目の誕生日。




menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

・感想などはみんなの掲示板へお願いします。


- Topics Board -
Ads by TOK2