期間限定特別企画(2000年12月4日〜12月31日)

映画の21世紀

The 21st Century in the Movies


 A.D.2019

 日本趣味あふれる「ブレードランナー」の世界

 Full of Japanese Angles - the World of "Blade Runner"

 ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber

 (English Versionを読みたい方はここをクリック)

 

 はるばる北米から東京へやって来た旅行者を迎える時、私はいつも彼らを電車で渋谷に連れていきます。そしてハチ公口から駅を出ると、私たちが渋谷交差点に着くまで目を伏せているように言う。そして信号が変わり、人々が交差点を横切り始めた時、あたりを見上げさせるんです。

 すると彼らには人の波が自分たちに向かって押し寄せてくる様子とともに、頭上には競うあうようにネオンと電光掲示板をギラギラさせている3つの巨大で騒々しいテレビ・スクリーンが見えるわけです。それを見た人たちの言うコメントはいつも同じですね。「ワォ!こりゃまるでブレードランナーだ(ブレードランナーっぽい)」。

 「ブレードランナー」が最初に公開された時、粗悪な映画評のおかげでみんなが混乱させられてしまいました。その主要な評論のうちには、監督が長らくテレビ・コマーシャルを演出してきた人間だから、この作品も「本物」の映画ではなくコマーシャルのように見えると論じたものもありました。しかし現在、そのような映画評はほとんど忘れ去られています。「ブレードランナー」は「古典」としての位置を確保したのです。

 奇妙なことに、映画でもそのシンプルなストーリーやキャラクターよりずっと大きなイメージを持つ作品というものがあります。その映画そのものが単におぼろげな記憶となった時、その映画の発想やイメージのほうが、最初に公開された時より強烈で、より長く生き続ける生命を得ることになるのです。ほとんどの人は「ブレードランナー」のプロットの細部や音楽、台詞の一行一行を思い起こしたりしません。しかしそのイメージや設定は、多くの人々の心にいまだに強く焼き付いているのです。

 この映画の興味深い点の一つは…これはめったに論じられないことなのですが…日本的アングルで作品を描いていることです。当時、日本は大きな経済勢力として発展しつつありました。それまで無視したり冷笑したりしてきた相手だったのに、アメリカ人にとって日本(そして一般の人々には東アジア全域)は突然に無敵で、また同時に漠然とではあるが邪悪な存在のように思えるようになったのです。未来には日本人/東アジア人はますます増え、「アメリカ人」はどんどん減っていくと信じた人もいました。こうした理由で、この映画の屋外場面はアジア系アメリカ人の市場として描かれ、屋内場面のセットの多くは高価そうで落ち着いた日本趣味につくられているのです。

 ハリソン・フォード演じる本作のヒーローが、いわゆる「申し分のない」アメリカ人であったことを頭にとめておいてください。その一方で悪漢は(例え実際には日本人でなかったとしても)疑似的な日本人でした。善玉はアメリカ製の革のボンバージャケットを来ているのに対して、悪漢は「日本ファッション」か、そう見える装いを身にまとっています。そしてもちろんご存じの通り、犯罪の現場に残される悪漢の名刺は折り紙なのです。

 どんな場面でも、「ブレードランナー」はそんな一貫したスタイルでつくられているのです。…複数言語の使用と多文化的なアジアと西洋のイメージ、マルチメディアの音と映像が常にあふれる屋外風景、小汚くむさ苦しく貧乏くさい商人たちと買い手たちを並列させた描写…それらずべてが新しい。そして、この映画のそういう面こそが他のどんな要素より以上に、いつまでも生き続けていくのでしょう。

 

 

●ダニエル・ガーバー

東京在住のカナダ人ライターのガーバー氏は、映画に詳しく、テレビ等さまざまなメディアでも活躍しています。

 

ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで…。

(ただし、英語またはローマ字表記のみ)

 gator1999@hotmail.com

 


 

 Full of Japanese Angles - the World of "Blade Runner"

 by Daniel Garber

 

Whenever I have visitors to Tokyo from North America, I take them by train to Shibuya. Then I exit at Hachiko, and tell them to look down until we reach Shibuya crossing. Then just as the lights change and all the people starat crossing the street I let them look up.

They see a sea of people coming at them and three huge loud television screens overhead competing with all the neon and coloured lightboards. And they always have the same comment: "Wow, this is SO Blade Runner!" [Blade-runner-poi]

Blade Runner got mixed to bad reviews when it was first released. One of the major criticisms was that the director was more used to directing TV commercials, and that the movie appeared like a television commercial, not a "real" movie. Now, however, these criticisms are largely forgotten, and Blade Runner has taken its place as a "Classic".

It's strange how certain movies have an effect much larger than their simple stories and characters. When the movie itself is merely a dim memory, ideas or images from the movie continue to live on, even stronger than when the film first played. Most people don't recall details of the plot, music, or lines of dialogue of Blade Runner, but the images and settings it showed are still very strong in many peoples' minds.

One interesting aspect to the film, that is seldom discussed, is its treatment of the Japanese angle. At that time, Japan was emerging as a major economic power. While it was previously ignored or laughed at, suddenly, to Americans, Japan (and east asia in general) appeared invincible but at the same time, vaguely sinister. The future, some people believed, would be more and more Japanese/East Asian, and less and less "American". For this reason, while the outdoor scenes appeared to be a Asian/american marketplace, much of the indoor settings had an expensive but calm Japanese feel to them.

Still, keep in mind that the hero, played by Harrison Ford, was the consummate American, while the vilain was a surrogate Japanese, (even though he wasn't in fact Japanese.) The good guy wore an American leather bomber-jacket, while the bad guy dressed in "Japanese Fashion" or how it was perceived at the time. And the calling card of the villain was, of course, tiny origami figures left at the scene of the crime.

In any case, it was Blade Runner's style -- the use of polyglot, multicultural Asian and Western images; outdoor, ever-present multi-media sounds and pictures; all juxtaposed with dirty, messy, and cheap merchants and buyers -- that was entirely new. That, more than any other aspect of the movie, will always survive.

 

 

●Daniel Garber - Self Introduction

I am a writer living in Tokyo. I do writing for magazines and the internet, sell stories to television, and also do production work/ directing for TV and sometimes film documentaries.

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 


 "2001: a Space Odyssey"

 "The Hole" 

 "Metropolis"

 "The Terminator"

 "12 Monkeys"

 "Event Horizon"

 "Peut-Etre"

 Korean Films

 "Gattaca"

 

 

 

 to : Project F - Special Issues

 to : Project F - Index

 

 

  HOME

 

 

Ads by TOK2