Movies in Movies

映画を語る映画たち

A:ハリウッド、ハリウッド

Hollywood, Hollywood


反逆児ロバート・アルトマンのハリウッドへの凱旋となった作品「ザ・プレイヤー」。スターたちが大挙出演したこの作品、その内容を考えるとかなり皮肉なものを感じずにはいられません。ダニエル・ガーバー氏が分析します


 

 

 口八丁で売り込め - 「ザ・プレイヤー」

 The Player and the Pitch

 ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber

 (English Versionを読みたい方はここをクリック)

 

 1990年代初頭の何年か、僕はTVネットワークに売るための番組企画のアイディアを立てていた。ネットワークがその企画を使おうと決めればお金が入り、僕もスタッフとして雇われることになる。だが企画が相手にされなければ、それはまるっきりタダ働きなのは言うまでもない。

 そうした企画を売るためには、まずはそのアイディアについて一席ぶたねばならない。TVショーだったりニュースの1コーナーだったり映画だったり、あるいはそれ以外の自分が実際に手がけたり、具体化させたいと思っているプロジェクトの中味を口八丁で売り込むわけ。それは当然のことながら、金や地位などのパワーが劣る者から大きなパワーを持っている者に対して行なわれることになる。

 ここで言う「売り込み」には、それが短くて面白くて実現可能と思われるに足るほどの通俗性があって、かつ、それが成功するだけの新しさや目新らしさや「ひねり」があるものが望まれるわけ。だがそこで最も重要なディティールは、口頭で聞き手に語られるのみだ。ビジネスの世界では必ず紙面に書き記されるべきことが、驚いたことにハリウッドの巨大ビジネスの世界では、今だに昔ながらの口約束で動かされているんだね。

 ロバート・アルトマンのハリウッド風刺劇「ザ・プレイヤー」は、この映画の都における「売り込み」とは何かをあますところなく描ききった映画だ。映画が始まって最初のシーンから一貫して、観客は実際の映画スターやら監督やら駆け出し男女優たちの売り込みを聞かされ続ける。それはお互い同士で行なわれることもあるが、ほとんどの場合はプロデューサーに対してだ。大半のアルトマン作品と同じように、絶えまない会話とストーリーラインが交差して、プロットを追うのは少々難しい。だが登場人物はどれも理解しやすいし、最終的には映画はハリウッドのルールをきちんと踏襲する。ミステリー、愛、ヒーロー、ビッグスター、追跡シーン、犯罪、へこたれない主人公、一切合財の喪失、そして最後にはハッピーエンドへと収束されていく。

 ビッグスターを実質上エキストラのごとく起用することによって、この映画はある種のしきたりをひっくり返す。過去においては、スターが自分自身を演じることで映画を穏当なものとした。例を挙げれば「サンセット大透り」におけるスタジオでのセシル・B・デミル登場がそれで、彼の出演によりその映画の架空の登場人物がよりリアルに見えてくるとともに、ハリウッドの威厳はそのまま保たれることとなった。だが「ザ・プレイヤー」は違う。金儲けに邁進しゴシップに明け暮れ調子のいい売り込みをまくしたてるビッグスターたちが、ハリウッドの内幕を決して正当化させない。取り引きに没頭し売り込みに必死なスターや監督たちは、実に人間臭く見える。これによってアルトマンは、当時「二番手」よりは知られているが人気スターというほどではなかった役者たちを起用することを迫られた。これらのティム・ロビンス、グレタ・スカッキ、フレッド・ウォード、ウーピー・ゴールドバーグといった役者たちは、みな自分自身ではない物語上の役柄を演じている。一方でいわゆるスターたち…ジョン・キューザック、シェール、シドニー・ポワチエ、ピーター・フォーク、ジュリア・ロバーツ、ジャック・レモン、スーザン・サランドン、ロッド・スタイガー、マーティン・スコセッシなどなどは自分自身として、パーティーやサウンドステージやレストランを行ったり来たりしては、お互いの悪口を言い合っているのである。

 ティム・ロビンスによって演じられるこの映画のヒーローは、ある一人のプロデューサーだ。彼は貪欲で愚かで利己的で浅薄で自惚れ屋で不誠実で、創造性のかけらもない男だ。その上、裏切り者で泥棒で詐欺師で姦夫で嘘つきで人殺しだ。だが、彼はハリウッドのルールを知っていて、それに乗っ取って行動しているのだ。彼は自分に対して売り込みをかけようとする者には短く言えと命じる。「25語以下にしろ」というのがその常套句だ。だが、彼にはいつだって人の売り込みを聞くのに十分な時間はあり余るほどある。

 一方、悪役はピーター・ギャラガーによって演じられるラリー・レビーだ。彼は、ハリウッドのルールでは動かない得体の知れない大企業幹部という、今どきのスタジオの後ろ楯たちを代表した存在だ。そして脚本家たちをお払箱にしようとするだけでなく、さらに悪いことに「売り込み」まで排除しようとするのだ。彼の存在は、1980年代に生まれてきたある新しい現象を体現している。それは「ハイ・コンセプト」映画として知られるようになった現象だ。この「ハイ・コンセプト」映画とは「ランボー」シリーズとか「メン・イン・ブラック」のように、筋よりもコンセプトを重用視する作品のこと。だから「25語以下」の制限つきではあるが筋を知ろうとするティム・ロビンス演じる主人公と違い、ラリー・レビーは売り込み文句が新聞の見出し的であるべきだと考えている。例えば、「列車事故12人死亡(パニック映画)」、「女性の結婚適齢期が高齢化(ラブストーリー)」というように。実際、彼は売り込みに来る人間たちや脚本家を排除して、会社の幹部たちにストーリーを決めさせたいと思っているのだ。なぜなら、もはやストーリーは映画の重要な要素ではなくなっているのだから。

 アルトマンのこの作品においては、ティム・ロビンスのプレイヤーは最後に勝つ。しかし実際はどうもそうではないようだ。究極にコンセプトしかないスッカラカン映画やらお馴染みの続編やらも含めて、この「ハイ・コンセプト」映画こそが主流というところが、今のハリウッドの現実なのだから。

 

 

ザ・プレイヤー The Player(1992・アメリカ)

監督:ロバート・アルトマン

製作:デヴィッド・ブラウン、マイケル・トルキン、ニック・ウェクスラー

脚本:マイケル・トルキン

出演:ティム・ロビンス、グレタ・スカッキ、フレッド・ウォード、ウーピー・ゴールドバーグ、ピーター・ギャラガー

 

 

ダニエル・ガーバー

あだ名は「ゲイター」(わに)。東京都神宮前に在住。

<自己紹介>私は東京在住のカナダ人ライター。雑誌やインターネットへの執筆活動や、テレビの企画を行っています。また、テレビやドキュメンタリー映画の制作業務・ディレクションも私の仕事です。

 

 ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで

 (ただし英語か日本語ローマ字表記のみ)

 gator1999@hotmail.com 

 


 

 

The Player and the Pitch

by Daniel Garber

 

 

For a couple of years, in the early 1990's, I worked selling story ideas to TV networks. I would get paid and hired to work if they decided to use my idea. If they decided not to use it I'd get nothing.

To sell a story, you must first "pitch" the story idea. A pitch is a description of the TV show, news segment, movie, or project that you would like to make or see made. It is virtually always made by someone with less power (or money or status) to someone higher up.

A good pitch is short, interesting, familiar enough to seem viable, but with something new or different -- a twist -- that can make it popular and successful. It's told as a story, but with only the most important details sketched out for the listener. In a business world where so much is written out on paper, it is amazing that the huge business of Hollywood is still conducted using this oral tradition.

Roger Altman's Hollywod satire, The Player, is all about The Pitch. From the very first scene, and all through the movie, we see hear (or overhear) the actual movie stars, directors, and up-and-coming actors and actresses pitching stories to one another, and most of all, to producers. As in most Altman movies, the plot is a bit hard to follow -- with endless conversations and storylines crisscrossing one another -- but the characters are understandable, and, in the end, the movie follows all of the Hollywood rules -- mystery, love, hero, big stars, chase scene, crime, characters persevering, losing everything, then coming back in the end for a happy ending.

By employing the biggest stars essentially as extras, this movie turns the some of the conventions upside-down. In the past, stars playing themselves were used to legitimize the movie; that is, by showing, for example, Cecil B DeMille on the studio set in Sunset Boulevard, the fictional characters in that movie are made to seem more real, and Hollywood is still more awesome. In The Player, on the other hand, the big stars with their money-grubbing, gossipping, and pitching, help to deligitimize Hollywood's inner-workings. The stars and directors are made to seem all to human in their dealings and pitches. It also forced Altman to higher only "second tier", less famous stars, like Tim Robbins, Gretta Scacchi, Fred Ward, and Whoopie Goldberg, so we would see them as their characters and not as themselves. Meanwhile the stars -- John Cusack, Cher, Sidney Poitier, Peter Falk, Julia Roberts, Jack Lemmon, Susan Sarandon, Rod Steiger, and Martin Scorcese, and many many others, drift in and out of parties, sound stages, and restaurants, saying bad things about one another.

The hero of the movie played by Tim Robbins, is a producer. He is greedy, dull, dumb, selfish, shallow, conceited, insincere, and uncreative. He is also a back-stabber, a thief, a swindler, an adulterer, a liar, and a murderer. But he knows the rules of Hollywood, and plays by the them. He always has time to listen to a pitch, even though he sometimes asks the pitcher to keep it short: to "25 words or less".

The villain is Larry Levy, played by Peter Gallagher He represents the corporate takeover of the studios by faceless company executives who don't play by the rules. Larry Levy tries to do away with writers, and even worse, to eliminate The Pitch. He represents a new phenomenon that sprung up in the 80's, which became known as the "High Concept" picture. High Concept pictures, like the Rambo series, Men in Black, etc, are ones in which the concept is more important than the plot. Unlike the Time Robbins character, with his "25 words or less" restriction, Larry Levy thinks a pitch should be like a newspaper headline: Train Crash Kills 12 (a disaster movie), or Women Marrying Later (love story). Indeed he wants to do away with the pitchers and writers altogether and just let executives choose the story, because the story was no longer an important part of movies.

In Altman's movie, the player -- Tim Robbins -- wins in the end, but in real Hollywood, High Concept pictures, including the ultimate High Concept, the sequel, seem to have gained the upper hand.

 

 

Daniel Garber

"Gator", Jingumae, Tokyo, Japan

Self Instruction : I am a writer living in Tokyo. I do writing for magazines and the internet, sell stories to television, and also do production work/ directing for TV and sometimes film documentaries.

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 


 

 

 to : Hollywood, Hollywood - Index 

 

 to : Movies in Movies - Index

    

 to : Outlaw Index

   

 to : HOME

 

 

Ads by TOK2