「放射能X」

  Them !

 (2004/02/02)


 ここはニューメキシコ州の荒野。上空を飛ぶ偵察の小型飛行機に導かれ、一台のパトカーがひた走りに走る。実は何やら警察に通報があっての出動のようだが、駆けつけるパトカーの警官二人…巡査部長ジェームズ・ホイットモアと相棒のクリス・ドレイクにとっては、何やら半信半疑な怪しげな話でしかなかった。

 やがて小型機から、荒野に人影を確認したとの連絡が入る。パトカーの前に現れたその人影は、何と一人の少女だ。

 頭部が壊れた人形を抱えて、放心状態の少女…。

 ホイットモアたちが何を聞いても、口を一言もきかない。それどころか目はうつろで全く反応がない。この時初めて、ホイットモアたちは胸に不安を抱き始める。小型機からは前方にキャンピング・カーが停まっているとの報告があった。この少女も、おそらくそのキャンピング・カーと関係があるやもしれぬ。

 ところがパトカーでキャンピング・カーのそばに駆けつけたホイットモアとドレイクは、現場の状況を見て唖然となった。一体何者の仕業か、キャンピング・カーはメチャクチャに破壊されていた。当然の事ながら人影は全くない。このキャンピング・カーに少女の服の切れ端と人形の頭部の破片が落ちていた事からも、彼女がここにいた事は明らかだ。そして金が手つかずのまま残されている事から、物盗りの線も考えられない。不審を極めるのは、現場に散乱する角砂糖…。

 さらに地面には何やら妙な紋様が、足跡のように残っているではないか。とりあえずホイットモアたちは現場に鑑識と応援要員を呼んだ。駆けつけた鑑識たちも狐につままれたような表情だ。だがそんな一同に、何やら不思議な物音が聞こえてくる。

 一体何だ、この金属的な物音は…?

 さて現場が一段落した夕暮れ、ホイットモアとドレイクはパトカーに乗って、現場から少し離れた馴染みのジイサンの店に寄ることにした。ところがそこも人けがない。一歩店に踏み込んでみるとイヤな予感的中。店の中はメチャクチャに破壊されているではないか。だが、レジには金が残されたまま。やはり泥棒ではない。そして不思議なのは、またしても砂糖が詰められた樽がひっくり返され、中身がそこら中にブチまけられていること。

 やがて破壊されたガレキの下から、店の主人のジイサンの亡骸が発見された。こうなればこの事件は、もはやハッキリと殺人だ。ホイットモアは一足先にパトカーで報告に戻る事にして、現場保全のためにドレイクがその場に残る事になった。

 ところが一人残されたドレイクの耳に、どこからか聞こえてくる奇妙な音。そう、あのキャンピング・カーの近くで聞こえてきた、何やら耳障りな金属音だ。ドレイクは不審に思って、銃を構えて外に出ていく。

 銃声とドレイクの悲鳴があたりに響いたのは、それから間もなくの事だった…。

 警察の応援が駆けつけた時には、その場にドレイクの姿はなかった。責任を感じたホイットモアはさすがに落ち込むが、気を取り直して真相究明に意欲を燃やす。

 さて、例のキャンピング・カーの主は休暇中のFBI職員と分かり、FBIからもジェームズ・アーネスが応援に駆けつける。さらに例の店のジイサンの遺体の検視結果では、なぜか致死量の20倍もの蟻酸が検出されるではないか。あまりに奇怪きわまる事の成りゆきに、鑑識の調べた結果はすべてFBIに運ばれ、そこで詳しく再検討されることになった。その結果…巡査部長ホイットモアとFBIのアーネスにとって意表を突いたことに、農務省の要請で二人の科学者が派遣される事になったのだ。

 飛行機で現場に到着したのは、老齢のエドマンド・グウェン博士とその娘のジョーン・ウェルドンの二人。うら若いウェルドンの登場にFBIのアーネスはヤニ下がるが、このウェルドンは単にグウェン博士の愛娘というだけでなく、自身もすぐれた科学者というから驚いた。そもそも今回の事件の捜査になぜ農務省から派遣された科学者が参加するのか、ホイットモアもアーネスもまるで見当が付かない。その理由を尋ねようにも、グウェン博士もウェルドンも、まずは調べてから…とにべもない。そしていきなりグウェン博士が尋ねて来た質問が、これまた意表を突いたものだった。「1945年に最初に原爆実験が行われたのはどこかね?」

 それは確かにこの近く、ホワイトサンズという場所だ。だが、それが今回の一連の事件とどう関連があるのか。ホイットモアもアーネスも、まるで見当が付かない。

 次に両博士は、あの救出された少女を病院に尋ねる。だが少女はまったく無反応な状態のままだ。おそらく何らかのショックで逃避状態になっているのに違いない。この状態を回復させるにはショックを与えるしかない…とつぶやいたグウェン博士は、蟻酸の液体を垂らしたコップの水を少女の鼻先に差し出した。すると…コップの水の臭いを嗅いだ少女の顔が、みるみるうちに不安にゆがむではないか!

 「あいつらよ!」

 少女は幸いにも意識を取り戻したものの、「あいつら」「あいつら」と絶叫しながら脅え切る。だがグウェン博士とウェルドンはそれだけ見てとれば充分とばかり、ホイットモアとアーネスに現場へ向かうように指示するのだった。

 外は激しい突風が吹き荒れる。砂漠の荒野は砂埃舞い散って目も開けられないような状況だ。そこをゴーグルをつけて調査を始める博士たち。するとどうやら、グウェン博士とウェルドンは何らかの仮説にたどり着いたらしい。「この大きさからすると、体長は2メートルには及ぶ」とか「食料がないので肉食に変わる可能性がある」とか、同行のホイットモアとアーネスにとっては禅問答みたいなやりとりが続く。これには二人もたまりかねて、思わずグウェン博士にブーたれ始めた。「一体何なんですか? ワケを教えてもらえなければ、これ以上我々もご協力出来ませんよ」

 そんなスッタモンダを横目に、さらなる証拠を求めてウェルドンは他の三人から離れて行った。ところが幸か不幸か、証拠の方からウェルドンの前に歩いて来たからビックリだ。もちろんBGMはあの不思議な金属音。あれこれしゃべっていたグウェン博士、ホイットモア、アーネスがその音に気付いた時、突然鋭いウェルドンの悲鳴が聞こえて来るではないか。

 何だなんだ?

 ウェルドンが見上げる小高い地面の盛り上がりに、何やら得体の知れないシロモノが…長い触覚、巨大な眼、黒光りする胴体…な、何とそこに現れたのは…。

 誰も今まで見たこともないような、恐ろしく巨大な蟻ではないか!

 「大変だ!」

 ホイットモア巡査部長とFBIのアーネスは、この巨大蟻めがけて銃弾を雨あられと浴びせる。だが巨大蟻は一向にこたえた気配がない。そのままジリジリとウェルドンの方に近づくばかりだ。

 「触覚だ、触覚を狙え!」と見かねたグウェン博士のアドバイスが飛ぶ。二人がこのアドバイスから触覚を次々狙うと、巨大蟻は情けない様子でスゴスゴ逃げ出した。

 そう。博士たちが恐れていた事態…それは巨大蟻の存在だった。日本を攻撃した原爆…その開発のための原爆実験が、この恐るべき変種を生み出してしまったのだ。

 早速飛行機二機を飛ばしてあたりの捜索が始まる。巨大蟻がいるならば、その巣が近くにあるはずだ。案の定、付近にすり鉢状の巨大な穴が発見された。しかもそこから顔を出す例の巨大蟻。巣穴の周りにはいくつもの人骨が散乱していた。そして行方不明になったドレイク巡査のガンベルトも…。

 この異常事態に、ついに軍が本格的に乗り出す。グウェン博士が考え出した作戦はこうだ。蟻は夜中に巣穴から出てくる。そこで昼間に巣穴近くを熱して、彼らを巣の奥深くに追い込み、中にシアン・ガスを放り込んで一気に壊滅を図る。

 かくして作戦は実行に移された。軍によって巣穴付近のバズーカによる一斉攻撃が始まる。そしてシアン・ガスの投入。しばらくして、ガスの防護服に身を包んだホイットモア、アーネス、ウェルドンが巣穴に潜り込む。

 見るとシアン・ガスの効果はてきめん。巨大蟻たちがバタバタ倒れている。途中、突然壁が崩れてきて、中からガスに襲われなかった巨大蟻が襲ってくる一幕もあったが、これも火炎放射器で退治した。これで万事オーケーか。

 だが巣穴の最深部にやって来た三人は、そこで戦慄すべき光景を見る。巨大な巣穴全体に、巨大蟻のおびただしい数の卵が産み付けられていたのだ。しかもその